【問26~問30】103回薬剤師国家試験の必修問題・薬理

問26
Gqタンパク質と共役してホスホリパーゼ Cを活性化する受容体はどれか。1つ選べ。

1 アドレナリン β1 受容体
2 ドパミン D2 受容体
3 オピオイド μ 受容体
4 アセチルコリン M2 受容体
5 ヒスタミン H1 受容体
>>解答・解説を見る(会員限定)

問27
長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存は生じにくいのはどれか。1つ選べ。

1 メタンフェタミン
2 モルヒネ
3 アルコール(エタノール)
4 エチゾラム
5 フェノバルビタール
>>解答・解説を見る(会員限定)

問28
アドレナリン β2 受容体刺激薬の薬理作用はどれか。1つ選べ。

1 心拍数低下
2 瞳孔散大筋収縮
3 膀胱括約筋(内尿道括約筋)収縮
4 気管支平滑筋弛緩
5 グリコーゲン分解抑制
>>解答・解説を見る(会員限定)

問29
副交感神経終末から遊離された神経伝達物質の分解を抑制するのはどれか。
1つ選べ。

1 ベタネコール
2 スコポラミン
3 ジスチグミン
4 プラリドキシム
5 イプラトロピウム
>>解答・解説を見る(会員限定)

問30
ダントロレンの筋弛緩作用の機序はどれか。1つ選べ。

1 筋小胞体からの Ca² の遊離抑制
2 神経筋接合部の神経終末からのアセチルコリンの遊離抑制
3 神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の競合的遮断
4 神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の不可逆的遮断
5 脊髄の γアミノ酪酸(GABAB) 受容体刺激
>>解答・解説を見る(会員限定)

関連記事

  1. 【問51~問55】103回薬剤師国家試験の必修問題・薬剤

  2. 【問185~問189】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・病態 薬物治療

  3. 【問336~問340】103回薬剤師国家試験の薬学実践問題・実務

  4. 【問86~問90】103回薬剤師国家試験の必修問題・実務

  5. 【問106~問110】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・化学

  6. 【問56~問60】103回薬剤師国家試験の必修問題・病態 薬物治療

無料会員メニュー

  • 試験の過去問練習(問題&解答)
  • 業界ニュース
  • 最新の解答速報配信
  • プレゼント企画・特典
  • 無料会員登録