【問106~問110】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・化学

問106
生体において解糖や糖新生は、アルドラーゼにより触媒される可逆過程(アルドール反応及び逆アルドール反応)を含む。Aの構造式として正しいのはどれか。1つ選べ。ただし、構造式はすべて鎖状構造を示している。

103回薬剤師試験 薬学理論問題 問104
>>解答・解説を見る(会員限定)

103回薬剤師試験 薬学理論問題 問107
>>解答・解説を見る(会員限定)

問108
天然物A~Eの生合成に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

103回薬剤師試験 薬学理論問題 問108
1 Aは、シキミ酸経路と酢酸-マロン酸経路の複合経路で生合成される。
2 Bは、酢酸-マロン酸経路とイソプレノイド経路の複合経路で生合成される。
3 Cは、イソプレノイド経路で生合成される。
4 Dは、シキミ酸経路で生合成される。
5 Eは、トリプトファン由来のアミノ酸経路とイソプレノイド経路の複合経路で生合成される。
>>解答・解説を見る(会員限定)

問109
生薬の基原と用途に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 キョウニン及びトウニンは、いずれもバラ科植物の種子を基原とし、駆瘀血薬として用いる。
2 トウキ及びセンキュウは、いずれもセリ科植物の葉を基原とし、それぞれ補血薬及び駆瘀血薬として用いる。
3 ショウキョウ及びカンキョウは、いずれもショウガ科植物ショウガの根茎を基原とするが、加工法が異なっており、薬効にも違いが認められる。
4 ニンジン及びコウジンは、いずれもセリ科植物オタネニンジンの根を基原とし、補気薬として用いる。
5 ソウジュツ及びビャクジュツは、いずれもキク科植物の根茎を基原とし、利水薬として用いる。
>>解答・解説を見る(会員限定)

関連記事

  1. 【問151~問155】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・薬理

  2. 【問66~問70】103回薬剤師国家試験の必修問題・病態 薬物治療

  3. 【問266~問271】103回薬剤師国家試験の薬学実践問題・薬剤

  4. 【問318~問325】103回薬剤師国家試験の薬学実践問題・法規 制度 倫理

  5. 第27回歯科衛生士国家試験問題

    2016年(平成28年)第101回薬剤師試験

  6. 【問208~問213】103回薬剤師国家試験の薬学実践問題・物理 化学 生物

無料会員メニュー

  • 試験の過去問練習(問題&解答)
  • 業界ニュース
  • 最新の解答速報配信
  • プレゼント企画・特典
  • 無料会員登録