【問61~問65】103回薬剤師国家試験の必修問題・病態 薬物治療

問61
アレルギー性鼻炎に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 鼻粘膜のⅡ型アレルギー性疾患である。
2 IgE 抗体が関与している。
3 ハウスダストやダニは季節性アレルギー性鼻炎の原因である。
4 花粉症の原因としてヒノキ花粉が最も多い。
5 アレルゲン免疫療法は即効性がある。
>>解答・解説を見る(会員限定)

問62
アトピー性皮膚炎の初期治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルの外用
2 プレドニゾロンの内服
3 タクロリムス水和物の内服
4 フェキソフェナジン塩酸塩の内服
5 ルリコナゾールの外用
>>解答・解説を見る(会員限定)

問63
白内障に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 若い女性に好発する。
2 発症の最大のリスク因子は喫煙である。
3 無痛性の視力低下を伴う。
4 水晶体の混濁は薬物治療で完治できる。
5 副腎皮質ステロイド薬の内服が有効である。
>>解答・解説を見る(会員限定)

問64
関節リウマチに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 自己免疫疾患である。
2 罹患率は男性が女性に比べて高い。
3 多様な関節外症状を呈する。
4 関節炎は多発性で対称性である。
5 早期診断に抗環状シトルリン化ペプチド(抗 CCP)抗体の検査が有用である。
>>解答・解説を見る(会員限定)

問65
重症筋無力症に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 アセチルコリンに対する自己抗体が産生される。
2 20代から40代の女性に好発する。
3 筋力低下に日内変動がある。
4 副腎皮質ステロイド薬による治療が行われる。
5 重症例では、呼吸筋麻痺を起こす。
>>解答・解説を見る(会員限定)

関連記事

  1. 【問96~問100】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・物理

  2. 【問161~問164】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・薬理

  3. 【問1~問5】103回薬剤師国家試験の必修問題・物理

  4. 【問156~問160】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・薬理

  5. 【問151~問155】103回薬剤師国家試験の薬学理論問題・薬理

  6. 第27回歯科衛生士国家試験問題

    2018年(平成30年)第103回薬剤師試験 実践問題【問196~問245】

無料会員メニュー

  • 試験の過去問練習(問題&解答)
  • 業界ニュース
  • 最新の解答速報配信
  • プレゼント企画・特典
  • 無料会員登録